Episode 7.

2015年卒業

中田 理奈さん

NHK福岡 キャスター

ニュージーランド留学で学んだ“とりあえずやってみる”ということ

先輩の現在は?

 私は今、テレビ局で伝える仕事をしています。高校の頃から、報道番組のキャスターになることが夢で、大学選びや大学での活動はその夢を軸に考えていました。その夢へのスタート地点に立つことはできましたが、まだまだ道のりは険しく、日々勉強の毎日です。
 現在は、九州・沖縄の食の魅力を伝える仕事をメインにしています。九州・沖縄のどこかにある、美味しい食材がある場所へロケをしに行って、実際にその食材をどのように作っているのか見せていただき、それを食べてリポートをします。そして後日、ロケのVTRを生放送で紹介します。取材させていただいた方々の大切なものや、熱い想いを、温度感を持ってしっかりと伝えられるように、と考えながら仕事をしています。様々な方面から信頼を得られるようコツコツと努力を続け、いつか報道番組のメインキャスターになることが目標です。

大谷での学びは?

 私は高校時代、1年間、大谷のプログラムでニュージーランドに留学をしました。その際に学んだのは、“とりあえずやってみる“ということです。少しでも興味をもったものは、何でも挑戦してみること。そうすることで、何かが見えてきたり、新しい道が開けることがあります。
 帰国後、アナウンサーになりたいという夢を叶えるために、もっともアナウンサー輩出率が高いと言われていた慶應義塾大学に進学したいと考えました。家族を含む周りの誰もが私には難しいだろうと考えていましたが、担任の先生が、難しいと思うけど挑戦してみる価値はある、と言ってくださって、ダメ元で挑戦することを決めました。そこからは、先生方や友達に、本当に、沢山助けていただいて、無事受験を終え、合格することができました。

夢や目標、後輩へのメッセージは?

  大谷での時間を全力で、存分に楽しんでほしいです。私は、楽しく生きる、それに尽きることはないと思っています。自分が好きなことや楽しいと感じる瞬間、嬉しいなと思った瞬間、それはどんなときか考えてみると、やりたいことを見つけるヒントになるかもしれません。
もしも、学校が楽しくない、つらいと思ったら、先生や友達に話してみてください。私も何度も助けてもらいました。そして、自分の夢ややりたいことを見つけられても、仮に見つけられなくても、自分の可能性や選択肢を最大限に増やすために自分ができることは何かを考えてみてください。きっといつかは自分の糧になります。それでは、最高に楽しい、有意義な学生生活を送ってください!