サイトポリシー

概要

このウェブサイト[ http://www.osk-ohtani.ed.jp ] は、学校法人大谷学園 大谷中学校・高等学校の公式ホームページです。

同校入試対策部が運営・管理を行っております。

〒545-0041大阪市阿倍野区共立通2-8-4 TEL:06-6661-0365(代)

推奨環境

[1]Windowsユーザの方
Internet Explorer 7.0 以上 FireFox3.0 以上 ※JavaScriptを有効にしてください。
[2]Macintoshユーザの方
Safari 3.2 以上 FireFox3.0 以上 ※JavaScriptを有効にしてください。
[3]モニターサイズ(解像度)
1024*768 ピクセル以上に対応しておりますが、
より快適にご利用いただくには 1280*1024 ピクセル以上を推奨いたします。
  • ◆一部のアンチウィルスソフト(パソコンのセキュリティ対策ソフト)において、バナーや写真などの画像が排除される現象が確認されております。
    このような場合は、ソフトウェアの設定を変更することにより解消されます。
    詳しくは、ご利用されているアンチウィルスソフトの公式サイトにて、設定方法をお調べください。
  • ◆上記の環境であっても、OSとの組み合わせや、未知の不具合などにより、ご利用に支障をきたすことも考えられます。予めご理解とご了承をお願いいたします。

リンク

当サイトへのリンクについては、原則として「リンク許諾願い(法人・団体・個人名、リンク元URL、連絡先などを明記)」を(○○フォーム)までお送りください。
折り返し、リンク了承諾のメールをお送りします。場合によっては、リンクをお断りする場合もあります。ご了承ください。

著作権

大谷中学校・高等学校公式ホームページ(http://www.osk-ohtani.ed.jp)上のコンテンツは、本校の著作権表示があり複製禁止の表示がない場合には、非営利目的で貴組織内のみ閲覧することに限ってハードコピーが可能です。

これらを除き、本校は著作権・商標権などの知的所有権に基づく如何なる権利も許諾しません。但し、個別に利用条件が示されている場合、またはそれを示すコンテンツにリンクしている場合には、当該条件が優先されます。

ホームページ上での個人情報の取り扱いについて

(1)該当ホームページ
大谷中学校・高等学校公式ホームページ(http://www.osk-ohtani.ed.jp)など、
本校ホームページ内コンテンツを指します。
(2)個人情報の収集
本校ホームページ上で個人情報の収集を行う場合(資料請求時など)、そのページに利用目的を明示いたします。その目的以外には一切利用いたしません。
なお、業務委託先に情報を提供することがありますが、その場合にも機密保持契約を結び適切な情報の管理と利用をいたします。
個人情報の利用と提供
収集した個人情報を、その目的範囲を超えて利用・提供することはありません。
なお、本人の事前の了承・同意がある場合や、法令により必要とされる場合、公共の利益のために必要とされる場合は、情報を提供することがあります。
(4)セキュリティについて
個人情報収集の際には、暗号化(SSL)によって、情報漏洩を防ぎ、安全確保に努めます。
(5)アクセスログの保存
本校ホームページへのアクセスログ(閲覧記録)を保存し、本校ホームページの利用状況分析を行います。
(6)IPアドレスについて

コンピュータのIPアドレスはアクセスログから読み取れますが、利用者個人の特定は出来ません。
(※校内ネットワークからコンピュータを利用する場合は特定できます)
本校は、アクセスログから読み取れるIPアドレスを、下記の目的などで利用します。

  1. サーバーで発生した問題の原因究明および解決のため
  2. 学内システムの不正利用者を特定するため
  3. サイトの管理のため
(7)クッキーについて
クッキーによって、利用者の本校ホームページへの訪問記録を取ることが出来ます。
本校ホームページの利用者の状況把握や、より満足度の高いホームページを作るためなどに、これらの情報を利用する場合があります。
ほとんどの場合、クッキーを受け入れるようにブラウザ設定されていますが、これを拒否、あるいは受け入れ時に警告を表示させることも可能です。
ただし、クッキーを有効にしないとサービスが提供されない場合もあります。

※クッキーとは

サイト管理者が、ブラウザ(閲覧ソフト)を通じて利用者のコンピュータに一時的にデータを書き込んで保存させるしくみ。利用者に関する情報や最後にサイトを訪れた日時、そのサイトの利用回数などを記録しておくことができる。

利用者の識別等に使われ、認証システムや、WWWによるサービスを利用者ごとに提供するパーソナライズシステムの要素技術として利用される。