”グローバルマインド”話せる英語力を習得し、
世界で活躍できる女性をめざして

 広い視野を獲得するためのバランス良い独自の教育プログラム・プロジェクトを通して、自ら考える力を育成します。また、グローバル化に対応できるよう、留学体験の機会を設けたり、ネイティブの英語に触れる授業を多く取り入れたりして、英語力を身に付けていきます。伝統文化を重んじ、自己の存在の価値を発見するとともに、多様な文化や価値観を背景とする正解を受け入れる心を培います。

世界で活躍できる女性に求められる力とは

Global Mind

広い視野/自ら考える力/多様な価値観を受け入れる心/幅広い知識/話せる英語力
コミュニケーション能力/プレゼンテーション力/ICTを活用する力 など

Global Mindを育む実践的な大谷の取り組み

[PBL]
(プロジェクトベースラーニング)
[日本文化]
[All English授業]
[グローバルスタンダード]
(ICT教育)

6年間の教育システム

中学1年

茶道
(中1~中3生)

PBL(探究入門)

一泊研修

中学2年

グローバルワークショップ

PBL(進路探求)

英語暗誦大会

NZ研修(希望者)

中学3年

華道
(中3~高1生)

凛花DAY(ツアーコンダクター)

PBL(企業探求)

オンライン英会話

オーストラリア研修(希望者)

NZ研修(希望者)

英語検定3級

高校1年

起業体験

ヤングアメリカンズ

PBL(企業探求)

3ヶ月/1年留学(希望者)

オーストラリア研修(希望者)

英語検定準2級

高校2年

模擬国連

Farm to Dish

オンライン英会話

PBL(自分探究)

海外修学旅行

英語検定2級

高校3年

大学入試対策

Farm to Dish

卒業論文発表会

英語検定準1級


Graduate’s Voice

磯川  英澪奈さん
上智大学
文学部英文学科進学
特進IIコース卒業

 私は高校在学中、大谷プログラムで1年間ニュージーランドに 留学しました。英語の宿題では主にレポートやエッセイを書き、 理科や数学の試験では定理を記述するなど、英語による文章力を培ってきました。初めの頃は、何をどう書けば良いのかわからず課題の評価は非常に低かったです。しかし、あきらめ ずに努力したことでだんだん良い結果に結びつくようになりました。また、多民族国家であるニュージーランドで様々な国から来た人々と会ったことで、今まで物事を一方的に見ていたことに気付きました。私は大谷での留学を通して、固定観念にとらわれず物事を多面的に考察し、目標に向かって一生懸命努力するようになりました。これらは今の 私の強みになっています。
 大谷中学・高等学校には、夏の海外研修や3カ月留学、1年留学の制度があり、語学力を高めることができます。更には視野を広げ、自身の可能性を広げることもできます。また、留学中を含め留学前後のフォローも学校がきっちりとしてくれるので、安心して勉学に励むことができます。私がこうして充実した高校生活を送れたのも学校の充実した制度と先生方のお陰です。今後もこの経験を活かし、自身の夢に向かって邁進していきます。