学校長からのメッセージMessage

2021年度入学予定者登校日

まず初めに、大谷中学校入学試験合格おめでとうございます。111年の伝統のある本校で、6年間、たくさんのお友達とともに学校生活を送れる機会を得られましたことを大変うれしく思います。
あなた方は中学校一年生から高等学校三年生まで、この学校で過ごすことになります。この6年間は二度と戻ることのない大切な期間、青春の真っ只中です。この間は肉体的にも、精神的にも大きく成長する時期です。しかし、その反面、精神的には周りの環境に大きく影響をうける時期でもあります。だから、将来の成長を考慮すれは、少しでも良い教育環境で学校生活を送っていただきたいと思っています。
この掛け替えのない対決な期間に、倫理観、道徳観など学ばなければならないことを削ぎ落として、ただひたすら高い偏差値だけを求めることほど人生での損失はありません。
今、合格書を手にされて、幸せいっぱいの気持ちであると思います。その気持ち、達成感を大切にして、いつまでも持ち続けていただきたいと思います。しかし、中学入試の合格は小さな喜びで、努力すれば、今の喜びよりももっともっと大きな幸せを掴むことができます。そのためには、中学入試よりもっともっと高いハードルが待ち構えていて、それを乗り越えなければなりません。乗り越えるためには高い教養と豊かな心を身につけることが大切です。心のフレームが大きくなれば必ず目標が見つかり、掲げた目標に向かって努力し、幸せを掴むことができるでしょう。勉強は心でするもの、頭は使うものであると思います。
豊かな心、フレームの大きな心とは「自分が在るから周りが在るのではなく、周りが在るからこそ、周りの支えが、助けがあるからこそ自分が在る。だから、周りの人々を思いやり、感謝する心です。また、お友達と仲良くすることができる心、つまりいじめとか、差別をしないで、私が高くて、あなたが低いとする考えではなくて、対等の立場で、同じ目線で話ができる心です。さらに、常に前向きに、立ち止まることなく、一歩先へ、いつでも夢を抱くことができる心です。
改めて、合格おめでとう。合格を目指して一生懸命頑張ったと思います。あなた方の努力が大輪の花を咲かせました。努力した過程、プロセスに価値をおいて大切にしてください。しかし、合格書を手に入れることができたのは、小学校の先生、塾の先生など様々な人々の支えがあったことを心に留めておいてください。そして、何よりも、寄り添っていただいたお父さん、お母さんの助けがあったからです。ご両親には感謝、感謝です。「ありがとう」という言葉を何度もかけてください。
本校は「報恩感謝」の念を教育理念の根幹にしています。報恩感謝とは感謝して、御恩に報いること、恩返しをすることです。どうか、一番お世話になったご両親にご恩返しをしてください。あなた方にできる一番の恩返しは、健康に気をつけて、欠席、遅刻せず、早退せず、楽しい学校生活を送ることです。成績を上げることは大切ですが、平凡だけれども、朝出かける時には「行ってきます。」帰宅したときには「ただいま。」と大きな声で言えるような楽しい、充実した学校生活を送ることが一番の親孝行です。これが両親にとっては最大の喜びです。

保護者の皆様方、本日はご来校ご苦労様です。お嬢様の合格おめでとうございます。私たちは二度と戻らないお嬢様たちの大切な青春を扱うことを十分に理解しています。私たちは心して、精一杯の努力でお嬢様たちを見守っていきたいと思います。そして、六年後、卒業されるときには、「やさしく、かしこく、美しく」育って、「わが母校大谷学園」、「わが心の故郷大谷学園」と誇れる大谷の精神が宿った人になっていただけることを確信しています。
どうか、今後も本校の教育活動にご支援、ご協力賜りますよう心よりお願い申し上げます。本日はご苦労様でした。

(令和3(2021)年1月23日)