学校長からのメッセージMessage

大学入試共通テスト激励

いよいよ16日、17日に大学入試共通テストが実施されます。今は、あなた方が落ち着いて、普段の力が出せるよう、ただ祈るばかりです。これまでの大学入試センター試験が廃止され、本年度初めて大学入試共通テストが導入されました。これまで、先生方の指導のもと、演習を重ね、十分な対策を講じてきたと思います。しかし、いざ、試験が目前に迫ると、誰しもがやや不安な気持ちになるのは当たり前のことです。どんな優秀生徒でもみんな少しばかりの不安を募らせます。そんな時こそ、心を落ち着けて、冷静な態度で試験に臨むことが大切です。実際の試験場にあっては一息ついて、周りを見渡して、皆も同じ緊張感を抱いていると思って、心を落ち着かせてください。普段の演習で培った力を信じて、自分の力を信じて、精一杯頑張ってください。
誰しもが高得点を取ろうと試験に臨みますが、全教科満点を取ろうとすれば緊張感が増します。大切なことは、自分が目指す大学の合格目安点、基準の範囲内であれば大丈夫ととらえることです。最終的には個別二次試験の結果が大きく合否に影響します。従って、二次試験で合格を勝ち取ることができる範囲の点数共通テストで取っていれば問題はありません。
どうか、豊かな心で、一歩先の気持ちで試験に臨んでください。試験当日はこの講堂で、阿弥陀仏にあなた方が大学入試共通テストを受験していることを報告し、普段の力が発揮できることをお祈りしたいと思っています。全力で落ち着いて頑張ってください。
そして、報恩感謝です。ご指導いただいた先生方に感謝してください。
最後に、東大卒業のクイズ番組で活躍している鈴木光(ひかる)さんの応援メッセージを紹介します。
大きな試験の本番は普通通りにやるのが難しいですよね。欲を出してここで得点をとらなければと考え、全体の配分を超えた時間をかけてしまうとか。そこを頑張って抑え、普段通りにする意識が大事だと思います。
本番前の皆さんには「今、一生懸命やっているだけで偉いんだよ。」と伝えたいです。今の頑張りが必ずその先の人生で辛いと思った時の支えになるので、今、頑張っている自分を褒めてあげて、最後までやり切ってください。応援しています。
以上です。

(令和3(2021)年1月13日)