学校長からのメッセージMessage

修学旅行中止のお知らせ

今日はあなた方にとても残念なお知らせをしなければなりません。
現在、新型コロナウィルス感染症は未だに収束する状況にありません。関東の一都三県に再度「緊急事態宣言」が発出され、大阪府、京都府、兵庫県にも「緊急事態宣言」が発出されようとしています。また、修学旅行先の広島も各分野の活動を自粛するようにとの要請が出されています。
このような状況を鑑み、あなた方の健康と安全を第一に考え、この度予定をしています中学校生活の集大成となる広島への修学旅行を中止することに決定いたしました。とても残念です。
修学旅行は学習指導要領において「平素とは異なる生活習慣にあって、見聞を広め、自然や文化などに親しむとともに、集団生活の在り方や公衆道徳についての望ましい体験を積むことができるような活動」の一つ位置付けられています。
さらに、寝食を共にして、互いを思いやり、友人間の親睦を深めることができる大変重要な意義ある行事です。だからこそ、一〇月に予定した沖縄への修学旅行を日程と場所を大幅に変更して実施することにいたしました。どの先生も実施してあげたいの思いで、多忙な中、修学旅行への準備をしていただきました。先生方のご尽力に深く感謝いたします。あなた方も心から先生方に感謝してください。
しかし、実施をしたいとう強い思いを誰もが抱いている中で、やはり、新型コロナウィルス感染拡大の状況を客観的に、冷静に判断することは大変重要なことです。分析結果、断腸の思いで、やむなく、勇気ある撤退の判断を下しました。皆さん、この状況での判断を理解してください。
長い人生、いろんなことが起こります。思い通りになるときもあれば、思う通りにならない時もあります。そんな時、「こんな良いことはいつ前も続かない」「こんな悪いこともいつまでも続かない」と思って、自分自身の心境を、周りの環境を見つめ直して、前向きに歩んでほしいと思います。
これまで、修学旅行を実施する予定で、しおり作りを含めた準備に熱心に携わっていただいた皆さんに、心からねぎらいの言葉を送りたいと思います。「皆さんお疲れ様、ありがとうございました。」この経験を次に生かしてほしいと思います。
今回の修学旅行は中止にしますが、約束事を守る勉強と友人間の親睦を深めることができる行事を可能であれば日帰りでも実施したいと考えています。
今後も新型コロナウィルス感染防止のため、不要不急の外出を避け、マスクの着用、手洗い、うがいの励行の約束事をしっかり守ってください。

(令和3(2021)年1月)