学校長からのメッセージMessage

令和3年度 大谷高等学校 入学式

皆さん お早うございます。式辞の前に、一言、申し上げます。
昨年は思いもよらぬ新型コロナウィルス禍の影響を受け、世の中の様々な分野が大きなダメージを受けました。教育界も同様に、教育活動が制限される深刻な教育環境になりました。今なお、感染拡大の収束には至らず、不透明感が残っている現状です。しかし、感染防止対策等を講じ、諸事情を検討した結果、本日、めでたく、学校法人大谷学園、大谷高等学校の入学式を挙行することになりました。
ただ、本来なら、本日の入学式を、ご来賓の皆様方、保護者、ご家族の皆様方とともに、あなた方の入学をお祝いすることになっていましたが、残念ながら、新入生の皆様と教職員の参加に止めての挙行になっています。保護者、ご家族の皆様方には、別会場で入学式の様子を映像でご覧いただいています。どうか、昨今の現状を理解して、受け止めてください。

それでは、式辞を披露いたします。

式辞

春爛漫、郊外では陽光が燦燦と輝き、新入生の皆様を心より祝福してくれているかのように感じられる季節です。校庭にも桜の花が満開に咲き誇っています。
新入生の皆さん、本日、令和三年度 学校法人大谷学園、大谷高等学校 入学式を挙行できますことを大変うれしく思います。
改めて、新しい制服に身を包まれた新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。また、この日を待ち望み、お嬢様の成長を支えてこられた保護者、ご家族の皆様方にも心からのお祝いのメッセージを送りたいと思います。本日は誠におめでとうございます。心よりお祝い申し上げます。
本日、めでたく、入学許可を与えられました六か年課程、三か年課程の新入生が共に顔を合わせ、希望に満ちた笑顔で、この入学式を迎えています。これから、高校生活を送るうえで、六か年課程と、三か年課程の生徒が隔たりなく、お互いに尊重し合い、支え合い、また、切磋琢磨して、学業とクラブ等の課外活動の両面で、研鑽に努めてくれることを、切望しています。
本校は「慈悲・やさしくきよらかに」「和合・なかよくたすけあって」「精進・つとめにはげみましょう」をモットーにして、人格教育を実践しています。学校は学び舎であり、高い教養と共同生活を通して、主体的に、様々な人と協働できる態度を身に付ける所です。是非、皆さんで協力して、明るく、楽しい、夢を抱くことができる、アカデミックな校風を創り上げてください。
本学園を創設された校祖、左藤了秀先生が女子教育の大切さを提唱されてから早や百十二年の歳月が流れました。校祖が唱えられた教育理念は「次世代の命を育む女性にこそ高い教養と豊かな魂を」の言葉に込められています。この理念を礎に、常に「朝に礼拝、夕に感謝」の校訓を唱和し、「報恩感謝の念」を育む教育は、時代がどの様に変わろうが、ゆるぎのない確固たる普遍の真理で、人生の道しるべ、羅針盤であると言えるのです。これまで、この理念の下で巣立った多くの卒業生の方々は、様々な分野で活躍し、社会貢献の一助となっている学校でもあります。
本日の入学式はある意味で、高等学校卒業までの通過点であると思うかもしれません。しかし、中学生活とは大きく異なる大人への入り口に当たる大切な節目の一日であり、未来に向かって、心の準備をしなければならない特別な日でもあります。
新入生の皆さんは、これまで、小学校、中学校の九年間の義務教育の中で、幸いにも、何の苦労もなく、当たり前のごとく、教育を受けてきました。教育を受ける権利が保障されていたのです。また、程度の差こそあれ、ご両親をはじめ、周りの様々な人々が、いろんな配慮をして、あなた方の前に安全で好ましい、幸せに通ずる一本のレールが引かれていました。そして、あなた方はその一本のレールの上に乗り、一生懸命歩めばよかったのです。しかし、通常の社会では目の前には何本もの道が開かれていて、どのルートを通れば幸せになれるかは全く不透明な状態です。そんな中で、自分自身の判断で、一つのルートを選択しなければなりません。これからの、「義務」という冠が取れた高校生活では、あらゆることにおいて、その都度、自分で判断し、選択していくことが余儀なくされます。一方、それと同時に、選択したその結果については、自らの責任で対処しなければならない結果責任の義務があることを心得ていただきたいと思います。言い換えれば、高等学校は自分自身の心次第で、様々なことに積極的にチャレンジすることが可能で、視野が広がり、大きく成長できる夢舞台です。しかし、何事も、人に頼らず自立しなければならないことが、中学時代と大きく変わるところです。
これから目標を抱いて、高校生活を送る新入生の皆様に四つのことを心に留めていただきたいと思います。

一つ目は「自分の個性に気付き、それを伸ばすこと」」です。
将来、社会において果たすべき使命を自覚し、個性に応じた進路を決定するために、これから三年間、本校での学校生活に全力で取り組み様々な経験を積んでください。一年生の時から志を高く掲げ、明確な目標を持つことも大切です。新入生の皆さんには、一人ひとりの個性があり、それぞれが違った能力と特技をもち、誰もがみな違う大きな可能性を秘めています。この可能性に精一杯挑戦し、未見の我を発見してください。「未見の我」とは、「まだ自分のことが見えていない、まだ自分の ことがよく分かっていない」という意味です。これから歩むことになる高校生活の中で、まだ先が見えていない、まだ分かっていない自分の個性や能力を発見して、それを育て、鍛え、伸ばしてほしいと願っています。

二つ目は、当たり前の日常に「ありがとう」と言える心を育むことです。
全国に緊急事態宣言が発出され、これまで「当たり前」と信じて疑わなかったことが、もはや「当たり前」と思えなくなった状況になりました。同時に、この「当たり前」の裏には社会を支える多くの人々の尽力、支えがあってのことであると、気づかせられました。平穏な日常生活にあっては、常に「当たり前」が前提となっていて、健康上も経済的にも大きな不安もなく、穏やかな心境で思いのまま暮らしています。このような日常に思わぬ制限がかかった時、ただ、不便というだけでなく、不安や不満など、様々な思いが沸き起こります。普段の生活を「当たり前」だと思っていると、社会の中で様々な人たちが担っている役割の重要性も、日々の努力の尊さも、全てが見えにくくなってしまうのです。
人は一人では生きていけません。私たちが社会生活を送るうえでは、意識していなくても、何らかの形で必ず多くの人たちから支えられています。この恩恵に対して「ありがとう」という感謝の気持ちを表すことが大切であると思います。
豊かな気持ちで「ありがとう」という言葉を口にしたとき、私たちの心は温かくなります。また、その言葉を受けた人も心が温まるでしょう。「ありがとう」という感謝の言葉は、「あなたのしてくれたことを、私はきちんと受け止めています」「あなたという存在を、私は大切に思っています」というメッセージを伝える言葉でもあるのです。常に「あって当たり前」と思える日常に存在する「ありがたいことに」気づき、感謝する心を育むことは、喜びの多い高校生活を送り、幸せな人生を築くもとになるのではないでしょうか。

三つ目は「素直な心、姿勢を持ち続ける」ということです。
新入生の皆さんがこれから歩むことになる高校生活で、様々な人々からご指導を仰ぐことになるでしょう。それらの方々の言葉を素直に受け入れることができるよう、「鬼面仏心」という四文字を贈りたいと思います。この言葉は鬼のような形相の中にも、仏心が宿っているという意味です。この四文字は、人としてしっかりと理解して、受け止めなければならない教訓となる言葉です。例えば、あなた方の中には、ご両親やご家族、先生などの、ご縁の深い方々から、自分の道理に外れた我儘な行動について、あれやこれやと指導を受け、厳しい顔つきで注意された時に、ややもすると「うるさいな」と悪態をつき、不遜な態度を取ることがあります。しかし、心に留めなければならないのは、はたして、ご縁の少ない、周りの人々が、心からの言葉で注意をしてくれるであろうかということです。叱咤激励されたあの怖い、鬼のような形相の内側には「親心」「愛する人を思う真心」という「仏心」が満ち溢れていると、感じ取ることが大切です。
学校いう集団生活にあっては周囲の人たちの立場や状況を思いやりつつ、自分の心を謙虚に、素直に見つめ直す習慣を身に付けることによって、自分自身が素直になり確実に成長することができるのです。また、そうした姿勢は、接する人たちにも自然に伝わり、親しみを生むことになり、そのことによって、よりよい友達関係を築くことになるのです。「素直な心、姿勢こそが」集団生活を営むうえで、欠かすことのできない大切な要素です。あなた方自身も、人に見せる顔は「笑顔」であっても、その内側は自分中心で、身勝手な自分を貫く「鬼の心」になり「仏面鬼心」が宿ることがないように、常に素直な心を大切にしてください。

四つ目は「時の流れを大切にして、約束を守る」と言うことです。
学校生活や社会生活で、友達や周りの人々と友好的な関係を構築するためには、時の流れを大切にして、約束時間を守るとする時間の観念が大切です。私たちは時間について、時々不平を言うことがあります。人を待っていて、その人がなかなか現れない時には、「一〇分は長いな」と時の流れを長く感じて、不平を言うことがあり、また、楽しいことをしているときに「一〇分は短いな」と時の流れを短く感じ、不満を言うこともあります。しかしながら。時には、不平等を感じるこの世の中で、最も平等なのが時の流れであるのです。一日の長さは、世界中どこでも同じです。時の流れは老いも若きも関係なく、天才も凡人も、富める人も貧しい人も変わりなく、過去も現在もやはり同じです。それを時が経つのが早いと焦ったり、遅いと愚痴を言ったりするのは、人の勝手な受け止め方で、時間を使う自分の心のあり様、心がけの問題であると実感しています。平等に与えられている時間を支配しているのは誰でしょうか。あなた、彼、彼女ではありません。自分自身が時を自由に扱う権利を持っているのです。時の流れを有効に使えるか否かは、自分の心次第です。また、平等に与えられた時間の使い方次第で、大きな影響を受けて、一人ひとりの成長に、大きな差が出てきます。時の流れ、時間を大切にして、約束を守る心構えは、健全な学校生活を営み、高い学力をつけるうえで、欠かすことのできない大切な要素です。
是非、自分の個性を伸ばし、「ありがとう」と言える素直な心を育み、時の流れを大切に、約束を守る習慣を身に付けてください。このような心構えになれるか否かはあなた方の心のあり様にかかっています。
今日、大谷高等学校は心豊かな女性に育ってくれる二百三十五名の新入生を迎えることになりました。これから三年間、皆様は大谷学園での高校生活に、全力で取り組み、多くの経験を積んでください。楽しいことも、悔しいことも、つらいこともあるでしょう。また、感動することも、がっかりすることもあるでしょう。大谷高等学校での様々な経験を通して「心豊かな人間、心のフレームの大きな女性」になってくれることを切に願っています。

さあ、新たな夢舞台は整い、未知のステージの幕が上がりました。このステージであなた方がどんなパフォーマンスをしてくれるか、新しい真っ白なキャンバスにどのようなデッサンをし、どのような色付けをしてくれるのか、楽しみで一杯です。あなた方の成長を期待しています。三年後わが校を巣立つ折には「わが母校大谷学園」「わが心のふるさと大谷学園」と声高らかに誇れるように、充実した学校生活を送ってくれることを切に願っています。
 結びに、本日の入学式が挙行することができたことに感謝するとともに、新入生の皆さん、保護者、ご家族の皆様方、本日ご縁をいただいている皆様方、全ての皆様方のご多幸とご健勝を心よりお祈りし、式辞とさせていただきます。

令和3(2021)年度4月7日