ニュース & トピックス

2017年11月29日

サイエンスキャッスル関西大会にむけて!【科学部】

☆サイエンスキャッスル関西大会の口頭発表に昨年に続いて選ばれました!

応募総数127件の中から、高校2年谷村実紅,知久平瞳の研究「高精度大気圧計算法の開発と金星及び水中の浮力の研究」が選ばれました。昨年の発表をさらに深化させたものをお見せします。今大会のHPのトップには、現高校3年生の堤美和が昨年の大会で発表する様子が載っています。この大会では、高校1年久保玲華,植村早央里,葛下穂乃香,植村早央里,山形雪乃,日浦安佳里の研究「画期的に実用的なヴァン・デ・グラーフ起電機の製作」もポスター発表いたします。12月23日、会場は大阪明星学園高等学校です。応援よろしくお願いいたします!
VanDePhoto

サイエンス キャスル

株式会社リバネスが企画・運営するサイエンスキャッスルは、2012年に大阪で、研究・開発に挑戦する中高生のための学会として始まりました。現在では開催場所も増え、民間企業、大学、研究者の学会が応援する、日本最大級の学会に成長しています。さらに、研究費やキャッスルゼミといった、中高生の日々の研究を加速する取り組みも始まっています。サイエンスキャッスルは未来を担う研究者の登竜門として、多くの中高生が巣立つ場となっています。 サイエンスキャッスルHP:https://s-castle.com/